風の画家 中島潔

日本人の心の風景を美しい四季にのせて描く画家「中島潔」さん、京都・清水寺成就院奉納襖絵 の素晴らしさを先日ハイビジョンTVで見て感激です。特に「大魚」の絵の謂れには心ゆすられるものが・・
e0002740_11545069.jpg

「大漁」は金子みすずさんの詩を元に描かれています。
大魚  金子みすず

朝焼け小焼けだ               浜は祭りのようだけど        
大魚だ 大羽鰯の 大魚だ        海の中では何万の
                         鰯のとむらいするだろう

大漁の鰯の行く末を悲しそうな目をして佇んでいる女の子が描かれています
「鰯の大群の先頭に立つ鰯の目に月あかりが,それはお母さんかもしれませんね

どんな小さなものでも命がある。命は輝いている。 人間は,その命をもらって生きる業を背負っている。だから,食べ物を粗末にできない。優しい語りで優しい響きのお話はまるで仏様のようでした。
e0002740_11552294.jpg

[PR]
by kasutora1 | 2010-07-02 12:16 | お気にいりは・・ | topに戻る


<< 飯田高原 楓樹荘 九重が呼んでいる >>